ページの本文へ

Hitachi

サイト名称


ALC NetAcademy2修正プログラムダウンロード時の注意について

公開日:2011年9月22日 最終更新日:2012年6月22日

ALC NetAcademy2の修正プログラムを適用すると、トップページが表示されなくなる現象が確認されました。詳細については、以下ご参照頂きますようお願い致します。

【対象環境】

Windows Server 2008 R2 環境のお客様

【現象】

以下、何れかの方法でALC NetAcademy2の修正プログラムをダウンロードした後に、ALC NetAcademy2サーバに適用すると、トップページが表示されずエラー画面が表示されます。

  1. ALC NetAcademy2サーバ上でダウンロードする際に、インターネットゾーンからのダウンロードとなる場合
  2. 以下の環境で修正プログラムをダウンロードし、ALC NetAcademy2サーバにコピーする場合
    Windows XP SP2以降、Windows Vista、Windows 7

<ALC NetAcademy2のトップページにアクセスした時の画面>
現象

【原因】

ダウンロードしたファイルにZoneId が設定される事により、プログラムの実行が制限されます。
* ZoneIdとは、Internet Explorerの仕様です。

<ご参考:https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/942532/ja

【回避方法】

以下、何れかの方法で回避頂きますようお願い致します。

  1. ALC NetAcademy2サーバ上で修正プログラムをダウンロードする場合には、修正プログラムをダウンロードするサイトを明示的に”信頼済みサイトゾーン”に追加する。
    ALC NetAcademy2サーバ上で明示的に”信頼済みサイトゾーン”からダウンロード頂ければ、本現象は発生致しません。
  2. 修正プログラムのzipファイルのセキュリティブロックを解除する。
    以下の手順でzipファイルのセキュリティブロックを解除して下さい。
    1. ダウンロードした修正プログラムをマウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ]を選択します。
      現象
    2. 「全般」タブの「セキュリティ」−[ブロックの解除]ボタンをクリックし、[OK]ボタンでプロパティを閉じます。
      現象
    3. 上記の手順を行った後に、zipファイルを展開し、ALC NetAcademy2サーバへ修正プログラムを適用します。

    • 【更新履歴】
      • 2012年6月22日:対象環境、現象、回避方法を更新