ページの本文へ

Hitachi

サイト名称

このページでは ALC NetAcademy2のご利用に際し、お問い合わせが多かった質問と回答を纏めました。
* ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。保守契約に基づき対応致します。



質問01:管理者のクラス画面で「サーバの内部処理でエラーが発生しました。」とエラーメッセージが表示される。

以下の点をご確認下さい。
1.ブラウザはInternet Explorerをご利用されておりますでしょうか?ALC NetAcademy2のサポート対象はInternet Explorerのみとなります。
2.Internet Explorerの場合、互換表示が必要になります。互換表示を設定頂きますようお願い致します。

質問02:学習が開始できない。サブコース一覧に「学習期限が過ぎています」とメッセージが表示される。

当該学習者アカウントの学習期限が経過しています。学習期限は各コースの学習開始日からお客様で指定した期間になります。引き続き学習を行うためには、以下の方法がございます。
1.学習期間を延長する方法
 すべての学習者が延長されます。ご希望の場合には、弊社までご連絡下さい。
2.アカウントを削除し、改めて同じアカウントを登録する方法
 学習履歴が削除されます。一度、削除したアカウントの履歴は元に戻せないためご注意下さい。

質問03:アカウントを一括置換できないか?

ALC NetAcademy2の一括修正等の機能では、アカウントの変更はできません。ご要望のお客様は弊社サポート係までご連絡頂きますようお願い致します。

質問04:コースの学習を行おうとすると画面が真っ白で表示され、学習を行えない。

以下の点をご確認下さい。
1.Flash Playerはインストール済みでしょうか?
2.Flash Playerのバージョンが古くないでしょうか?

質問05:TOEIC テスト を学習終了したのにも関わらず、前回受験日が白くなっている。学習終了したのだから、青になるのではないか。

TOEIC テストの色は前回の学習終了状態を表しており、次のように表示されます。
リスニング/リーディング片方のみ学習して終了:黄
リスニング/リーディング両方学習して終了:青
採点結果を見た/途中で学習を終了:白
また、一度テストを終了(リスニング/リーディング両方を学習)すると、以降「前回受験日」の日付が太文字で表示されます。

質問06:学習した履歴が残らない場合がある。考えられる原因を教えて欲しい。

以下の2点が考えられます。
(1)学習を終了する際に、IE右上の「×」ボタンで終了した場合は正しく履歴が残りません。大変恐縮ですが、もしIE右上の「×」ボタンで終了している場合はIE内の「終了」ボタンで終了頂きますようお願い致します。
(2)学習履歴成立設定を行っている場合、ユニットの学習開始から終了までの時間が設定した時間より短い可能性が考えられます。もし設定を行っている場合は学習時間と学習履歴成立設定の設定時間をご確認頂きますようお願い致します。
※ 学習履歴成立設定はマスター管理者リーダーでログインし「各種設定」でご確認頂けます。(ご参照「学習履歴成立設定を設定される際のご注意について」)

質問07:認証連携を行っている。現在設定しているLDAPサーバを変更したいのだが、変更方法を教えて欲しい。

大変恐縮ですが、お客様の方で認証連携の設定を変更するインターフェースは設けておりません。このため、設定ファイルを弊社にて変更し、送付する対応とさせて頂いております。尚、その際には変更後のLDAPサーバのIPアドレス等を弊社までご連絡頂く必要がございます。

質問08:登録者全員の履歴データを纏めてCSV等に出力することはできないか。

マスター管理者リーダーもしくはマスター管理者の「学習状況」−「履歴一括ファイル出力」機能をご利用ください。

質問09:登録者全員の学習者情報データを纏めてCSV等に出力することはできないか。

マスター管理者リーダーもしくはマスター管理者の「学習者」−「学習者情報一括出力」機能をご利用下さい。
詳細はユーザーズガイド管理者編の「7.学習者情報の一括出力」をご参照下さい。
本機能はバージョン1.1以降でご利用頂けます。ALC NetAcademy2 のバージョン確認方法はこちらをご参照下さい。
バージョン1.0の場合、2007年5月以降にリリースされたALC NetAcademy2の修正プログラムを適用する事でご利用頂けます。尚、この修正プログラムにつきましては弊社よりサーバの管理者の方にメールで通知しております。

質問10:マスター管理者は学習履歴を参照することができないのか。

ALC NetAcademy2 の履歴参照はクラス単位での参照を基本としております。 マスター管理者リーダーやマスター管理者でクラス単位の参照やコース履歴、サブコース履歴を参照する場合には「クラス」を作成する必要があります。 クラスを作成しない場合は、「学習状況」−「履歴一括ファイル出力」機能により、全員のユニット履歴をファイルで出力することは可能です。

質問11:認証連携を使用しているが、パスワードが16文字以上の学習者はALC NetAcademy2にログインできない。何か方法はないか。

認証連携時のパスワードの文字数制限はALC NetAcademy2のバージョンにより異なります。
1.2a以降のバージョンの場合:128文字まで
1.2aより前のバージョンの場合:15文字まで
ALC NetAcademy2のバージョン確認方法はこちらをご参照下さい。
バージョンが1.2aより古い場合、2008年6月以降にリリースされたALC NetAcademy2の修正プログラムを適用頂きますようお願い致します。
修正プログラムにつきましては弊社よりサーバの管理者の方にメールで通知しております。

質問12:ALC NetAcademy 2 サーバを Active Directory ドメインコントローラにしたいが、何か注意点はあるか。

Active Directory ドメインコントローラとの共存により問題が発生するという報告がございますので、原則 ALC NetAcademy2 専用サーバでご利用頂きますようお願い致します。

質問13:Microsoft Update等を行った直後に、ALC NetAcademy2のトップページが表示されなくなった。

ALC NetAcademy2で使用しているサービス(ASP.NETのサービス)が停止している可能性が考えられます。「ASP.NET サービス確認方法」の手順にてご確認頂きますようお願い致します。

質問14:学習時、キーボード入力を行っても入力することができない。

入力エリアにフォーカスがあたっていない可能性がありますので、入力エリアをクリックして下さい。それでも入力できない場合は、言語バーの入力モードが「直接入力」になっているかご確認下さい。

質問15:Cドライブの空き容量が少ない。ALC NetAcademy2のデータで削除できるものはないか?

ALC NetAcademy2のデータで削除できるものはありません。 Cドライブの空き容量が少ない場合、IISのログがCドライブを圧迫している可能性があります。 IISのログが影響している場合、IISのログを別のドライブに移動して頂くことで、Cドライブの空き容量を増やすことが可能です。詳細はこちらのページをご参照下さい。

質問16:クラス別学習者一括登録時に「登録ファイルの情報からは学習者情報を一意に取得できません。また、管理者はクラスに登録することができません。再度登録ファイルの内容をご確認下さい。」とエラーメッセージが出力される。

登録ファイルの内容について以下をご確認下さい。
・アカウントがALC NetAcademy2の学習者に登録されているか?
・管理者のアカウントが入っていないか?
・登録ファイルに氏名や登録番号が入っている場合は、氏名や登録番号が登録内容と一致しているか?

質問17:一括登録時に「指定したファイルからデータを見つけることが出来ませんでした。」とエラーメッセージが表示される。

登録用ファイルに誤りがある可能性があります。以下について、登録用ファイルの内容をご確認下さい。
1.ファイルフォーマットは「タブ区切りのテキストファイル」あるいは「Unicode テキストファイル」になっていますか?
導入コースに日本語コース、技術英語パワーアップコース、中国語コース、ライフサイエンス英語コースのいずれかがインストールされている場合は「Unicodeテキストファイル」、上記いずれのコースもインストールされていない場合は「タブ区切りのテキストファイル」となります。
2.ファイル一行目にヘッダー情報はありますか?
ファイル一行目はヘッダー情報、二行目以降に登録したいデータを入れます。
詳細はユーザーズガイド管理者編の「付録B 一括登録処理のファイルフォーマット」をご参照下さい。